満月の夜は風俗に行きたくなる

出来の良い子。そう感じました

1を知って10を知る。彼女はそんなタイプの風俗嬢でした。つまりはとても優秀ということです(笑)是非会社の部下にしたいなって持ったくらいですよね。こちらが少し支持と言うかリクエストするだけで彼女はこちらの意図をしっかりと把握してくれたんです。そして自分が描いている理想そのものともいうべき時間をもたらしてくれました。それだけでも感動ですけど、そこに適格な快感もあったんです。もはや彼女には何も言うことはありません。あれだけの時間を満喫出来たのは彼女が優秀だからこそですね。これまでの風俗嬢にはあまりいないタイプというか、勢いだけに頼るでもなく、かといって物凄いクレバーな印象と言うわけでもなく、彼女の存在は自分にとってまさに非日常そのものだったのもあって、刺激とともに大きな興奮もありました。彼女、おそらく風俗嬢としてだけではなく、どんな仕事をしたとしてもそれなりに優秀という評価を得られるタイプの子なんじゃないのかなって。

高級感がありましたね

この前の風俗嬢は、何となくですけど高級感があったんです。きっと彼女、プライベートシーンであれば自分なんかは相手にもされないようなレベルの女性。ルックスというか雰囲気というか、普通じゃないオーラを出していた風俗嬢だったんです。それだけに、彼女との一戦は彼女のオーラそのものに圧倒されてしまったのかなって思いますね。あれだけのオーラが出ている風俗嬢だと、何をしたとかされたとかじゃなく、雰囲気そのものに圧倒されて、気付いたらこっちの興奮も物凄いことになっていましたし、相手に対して頭の中が真っ白になっていました。だから、細かいシチュエーションはあまり覚えていないんですよ(笑)楽しかったのは間違いないんですけど、じゃあ具体的にどれだけ楽しかったのかというと、実はあまり覚えていないんですよね(笑)でもいいんです。それくらいとっても楽しい時間を過ごすことが出来たなって思っていますので、彼女に使ったお金は安いくらいですよ。