満月の夜は風俗に行きたくなる

実力者はやはり違う

実力者と称されている風俗嬢、Hちゃんとの時間は納得と感動が待っていました。彼女が実力者と称されていることへの納得。そしてその実力を思う存分堪能することが出来たことの感動。この二つが待っていたんじゃないかなって思いますね。やはり風俗ではこうした実力も大切だなって思いました。多少の違いであれば美人であれば有耶無耶になってしまうというか、雰囲気等で誤魔化せるものだと思うんですけどあれだけ圧倒的とも言える実力があればさすがに誤魔化されるってことは無いなって思いましたね(笑)むしろ風俗もこれくらいの実力者相手だと、テクニックもそれなりに大切な要素なんだなってことに気付くことが出来ますので、今後はテクニックも無視することは出来ないなと。思えばそれまではテクニックは外見やスタイルの良さがあればそこまで重視するほどのものではないって思っていましたけど、そんなことはないというか、やっぱりそれなりに重要だなって。

悪い選択肢ではないと思っていますけどね

自分の趣味ではないタイプの風俗嬢を指名する。これも悪い選択肢ではないと思いますよ。合コンとかナンパだったら自分の好みにしておいた方が良いって思いますけど、風俗だとどの女の子も相手は「お客」なんです。誰もが相手である「お客」を楽しませようとしてくれますので、自分の好みではないタイプの風俗嬢を選ぶのも決して悪くはないと思いますよ。むしろそういったタイプの風俗嬢と遊んでみることで気付かされることも多いんじゃないのかなって思うんですよ。まさかの展開というと大袈裟ですけど、自分がどういったことを楽しめるのか分からないって人もいると思うんですが、それを思う存分楽しめるようになるというか、少なくとも自分が想定していないことが起こるので、いつもとは全然違った時間を過ごせているって感じるのも決して悪いものではないというか、後々いろんな形で思いが結実する時も来るんじゃないのかなって。自分はそう思っていろいろと楽しんでいます。